大阪・兵庫・京都で展開する阪急不動産のリフォームサービス

採用情報
0120-67-1046

menu

お役立ち情報

手放しがたい!思い出のブランケット、何かに使えない?

2017/12/11

立冬を過ぎた途端、年末並みの凍える日々が続きます。引き出しから毛布やひざ掛けを取り出していると奥のほうにベビー用ブランケットが見えました。
今では使うことのないベビー用品。捨てる?捨てない?いや、…捨てられない?整理収納の理論では『使用頻度別収納』があります。
【使用頻度別収納5段階】
使用頻度1・・・毎日使う
使用頻度2・・・2~3日に1回使う
使用頻度3・・・週1程度使う
使用頻度4・・・月1回程度使う
使用頻度5・・・年1回程度使う
整理収納の最終目標は、“毎日使うもの=使用頻度1のモノ”に定位置を決めることです。失くし物に使う時間が無くなるだけでなく家事・仕事をスピーディに進められ、心に余裕がうまれます。
ということは年に1回、いや、もう使うことのないベビーブランケットは…、捨てる?
人によってはブランケットに触れた途端、思い出があふれ「わが子を包んでいたブランケットをゴミ袋に入れるなんて」と、抵抗を感じるかもしれません。子どもに限らず思い出深い品を手放すのは難しいですよね!

そうなると「まだ使える/何かに使えない?」と、考えてしまいませんか。もし、使い道があれば手放す必要はありません。

ベビーブランケットの使い道は?

一つの案ですが「子どもの防災リュックに入れる」としました。
災害というものは季節を選べませんので寒い時期とは限りませんが、仮に夏でも思い出のブランケットは肌触りだけでも心をほぐしてくれそうです。
使用頻度で言えば年に1回どころか万が一にも使うことのないほうが幸せなのですが、この時ばかりは ”備えあれば憂いなし” ですね。
REFORM & RENOVATION CASE STUDYREFORM & RENOVATION CASE STUDY

実例集やコンセプトブック、パック商品の
ご案内など、ボリュームたっぷりの資料を
無料でお届けいたします!

資料請求はこちら
対面でご相談いただけます
リフォームのご相談窓口はこちら
お電話でのご相談・お問合せ
0120-67-1046営業時間 10:00~18:00(水曜定休)
お電話でのお問い合わせはこちら

メルマガ
会員登録

お問合せ
資料請求

トップへ戻る

お電話から

お問い合わせ
フォームから