大阪・兵庫・京都で展開する阪急不動産のリフォームサービス

採用情報

メルマガ
会員登録

お問合せ
資料請求

0120-67-1046

menu

お役立ち情報

着物を気軽に楽しむ為の収納アイデア

2017/11/28

 着物を箪笥に入れたまま何年も眠らせている、という声をよく聞きます。
折角作られた着物が箪笥の肥やしになっていては勿体ないですよね。
そこで今回は、着物を眠らせず気軽に楽しむ為の収納のアイデアです。

収納のポイントは2つ。
①すぐに手の届く場所に収納する。
オンシーズンの着物をハンガーラックにディスプレイしたり、普段の洋服と同じスペースに収納するなど、すぐに手の届く場所に置く事で着る機会も増えます。
写真のようにクローゼット用の和箪笥をお使いいただくと、洋服と同じ感覚で着物がもっと身近なモノになりますね。
高さが低いモノであれば、丈の長いコートやワンピースの邪魔にならず収まりが良いです。

②引き出し毎に一枚収納する。
箪笥の引き出しに何枚も重ねて収納すると、下に入れた着物は出し入れが容易ではなくなり、着用されなくなります。
1枚ずつ入れていただくとお目当ての着物がすぐに取り出せますね。
また、写真のように浴衣と帯をセットにしたり、一緒に使う和装小物も収納すれば、引き出し一つでトータルコーディネートができ、必要なモノを探し回る事がありません。すぐに着れる状態になっているか、ただ単にしまわれているかで着用頻度が格段に違いますので、今のシーズンに着たい着物はどんどん出して積極的に楽しんでくださいね。
REFORM & RENOVATION CASE STUDYREFORM & RENOVATION CASE STUDY

実例集やコンセプトブック、パック商品の
ご案内など、ボリュームたっぷりの資料を
無料でお届けいたします!

資料請求はこちら
対面でご相談いただけます
リフォームのご相談窓口はこちら
お電話でのご相談・お問合せ
0120-67-1046営業時間 10:00~18:00(水曜定休)
お電話でのお問い合わせはこちら
トップへ戻る

お電話から

お問い合わせ
フォームから