大阪・兵庫・京都で展開する阪急不動産のリフォームサービス

採用情報

メルマガ
会員登録

お問合せ
資料請求

0120-67-1046

menu

お役立ち情報

かさばる羽毛布団をスッキリしまう方法

2017/10/30

今回は、かさばる冬物寝具の収納についてです。

 
布団を押し入れにしまう時に、下から積み上げて入れていらっしゃる方が多いと思います。
羊毛の布団ですと厚みが均一で綺麗に畳めますが、羽毛布団は空気を含むので膨らみやすく、どうしても収まりが悪いですね。
また、何枚も詰め込むと押入の中で雪崩を起こすなど、見た目にもストレスになります。
 
羽毛布団をしまうポイントは2つ

①布団を立てる
布団を立てるなんてナンセンス!と思われるかもしれませんが、写真のように角がしっかりした作りの布団ケースを使用すると自立が可能になります。
驚くほど取り出しに便利です。

 

 ②空間を四角く区切る
収納ラックと布団ケースを組み合わせることで押入れの空間が四角く区切られ、収納ラックの上にも布団ケースを置く事が出来ます。
スッキリして見えるので気持ちが良いですね。
 
注意点としてはケースに入れると、中に入れたモノの確認がしづらいので、表に「○○ちゃんの布団」など分かりやすくラベルを貼ります。
ひと手間加えることで、探す手間が省けますね。
引用元ページはこちら   
 一覧へもどる
REFORM & RENOVATION CASE STUDYREFORM & RENOVATION CASE STUDY

実例集やコンセプトブック、パック商品の
ご案内など、ボリュームたっぷりの資料を
無料でお届けいたします!

資料請求はこちら
対面でご相談いただけます
リフォームのご相談窓口はこちら
お電話でのご相談・お問合せ
0120-67-1046営業時間 10:00~18:00(水曜定休)
お電話でのお問い合わせはこちら
トップへ戻る

お電話から

お問い合わせ
フォームから