ロードバイクが主役。アンティークブリックタイルで空間を演出

ロードバイクが主役。アンティークブリックタイルで空間を演出

中古物件の購入に合わせてリフォームされたH様。
ご主人と奥様共通の趣味が自転車ということで、計画当初より「ロードバイクを壁に飾る」というご要望がありました。
メンテナンスや持ち出しやすさを重視して玄関ホールに設えたディスプレイ壁には、ご主人こだわりのアンティークブリックを採用。現場で色合いや目地の幅をバランス良く組んでいく、職人の手作業で仕上げました。レンガ壁がアクセントになるよう、それ以外の内装はシンプルな色使いでまとめています。またリビングに隣接するご主人の書斎スペースは半壁で仕切り、LDKとつながりのある空間としました。
半壁の幅や高さは、LDKからの見え方を確認いただく為、実際に現場へお越しいただき、壁に見立てた合板を使って一緒に決めていただきました。ダイニングには壁付けのカウンターを設け、お子様が勉強できるスペースにしています。家族それぞれが別々の作業をしながらも、つながりを感じて過ごすことのできる、素敵な空間となりました。

  • H様邸
  • マンション
  • 家族構成:3人(ご夫婦+お子様)
  • 築年数:14年
  • 間取り:3LDK+書斎スペース
  • 施工面積:約90㎡
  • 工事期間:70日
  • 工事金額:約1150万円(税込)

<お客様の声>
リフォームして良かったと思う点は、出来上がったものを購入するよりも考えて作り上げていく分だけ住まいに愛着が持てるように思います。これから住宅を取得される方にもぜひ紹介したいと思っています。家内はいま、朝起きて窓の外から聞こえる鳥の声を聴きながら景色を眺め、就寝前にリビングを見回してから照明を消すときに幸せを感じると言っています。そんな日常を手に入れられたのも、素晴らしい人たちとの出会いがあり協力を得てリフォームできたからだと感じています。

STAFF VOICE
STAFF VOICE
一つ一つの素材選びに時間をかけ、シンプルな中にアクセントもあり、センスの良いご夫婦のこだわりの詰まった家になりました。また、家族3人が同じ空間で過ごせるリビングにしたい、というご要望も実現できました。(越桐)
BEFORE
BEFORE
AFTER

お問い合わせはこちら