大阪・兵庫・京都で展開する阪急不動産のリフォームサービス

採用情報
0120-67-1046

menu

オフィシャルブログ

【先を見据えたリフォーム計画】将来に備えたリフォームで安心の暮らしを手に入れる|阪急不動産がお届けする住宅リフォームサービス

2018/01/09

こんにちは、「阪急のリフォームプラス」です。

みなさま、お正月はゆっくり過ごされましたか?
ご実家に帰省された方も多いかと思います。

帰省の“省”の字には「親の安否を確かめる」という意味があるそうです。
久しぶりに実家に帰って、「なんだか、両親も歳をとったな」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当社にも、お正月やお盆などに“帰省”されたことをきっかけに、ご実家のリフォームを検討されたお客様からのご依頼を多くいただきます。

たとえば、歳を重ねるごとに、視力は低下していくものです。
今までは十分だと思っていた明るさでも、徐々に手元や足元が見えづらくなっていきます。日々の不便さはもちろん、転倒や怪我にもつながりかねません。最近は、調光できる照明器具への取り替えを検討されるお客様も増えています。
 


 

また、ご高齢の方にとってお家の中でもっとも大変なのが“階段の上り下り”です。
もともとは2階で寝起きしていたところを、例えば、客間として使っていた1階の一部屋を寝室としてリフォームする。もしトイレが遠ければ、近くに移動させる。さらに、掃き出し窓を設けてお部屋から直接出入りができるようにすれば、将来デイサービスを利用することになったときにも大変便利です。
 

 

 


 

今はご両親がお元気でも、ゆくゆくは足腰が弱くなってくることもあるでしょう。介護が必要になる日がくるかもしれません。

将来に備えて、ぜひ一度、ご実家のリフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。

REFORM & RENOVATION CASE STUDYREFORM & RENOVATION CASE STUDY

実例集やコンセプトブック、パック商品の
ご案内など、ボリュームたっぷりの資料を
無料でお届けいたします!

資料請求はこちら
対面でご相談いただけます
リフォームのご相談窓口はこちら
お電話でのご相談・お問合せ
0120-67-1046営業時間 10:00~18:00(水曜定休)
お電話でのお問い合わせはこちら

メルマガ
会員登録

お問合せ
資料請求

トップへ戻る

お電話から

お問い合わせ
フォームから